育児

おやつを買う時に気を付けていること

おやつを買う時ってどうしてますか?

こども「ねぇ~お母さん。おやつ欲しいんだけど…」

母親「しょうがないな、1個だけね~」

 

なんてよくある会話だと思うんですけど、そうすると高い商品を持ってきてしまったりなんてことありませんか?

 

母親「高いからダメ、安いのにしてちょうだい。」

ってなる場合が多いですよね。

 

でも子供からすると、「1個だけね~」って言われて1個持ってきただけなんです。

言われたとおりに持ってきただけなんです。

 

それなのに、「高いからダメ」っておかしくないですか?

自分も小さい頃に経験したんですけど、「なんで?」って感情になりました。

こういう上記のような最初の命令と、矛盾した命令を出され板挟みになる状況のことをダブルバインド(二重拘束)」って言います。

 

ダブルバインドを何度も経験するようになると、「親は私の意見を聞いてくれないんだ…」って思うようになり「親のいう事さえ聞いてればいいのか」という結論に至り、自己主張ができなくなります。

 

自己主張が出来なくなると、自分に思いやストレスをもため込むようになるので、おねしょしてしまったり、実体験だと指しゃぶりがなかなかとれませんでした。

 

子供が分からないこと【値段の高い・安い】

 お母さんの中にある基準は、子供には一切分かりません。

なので何が値段が高くて、何が値段が安いのか教える必要があると考えています。

その為にどういう事を伝えればいいのか…方法も簡単です。

  1. お母さんも一緒にお菓子コーナーへ行く。
  2. 値札を指さしてお金がこれだけ必要ですという事を教える。
  3. 「数字が2つだけのものだったらいいよ~」

最初はこれだけで十分です。

 

数字2つのお菓子を持ってきた時はすぐ褒める!

「おお!数字2個のやつ見つかった!?すごいじゃ~ん!」なんて、ほめてあげると尚いいと思います。そうすると、「数字2つのやつだったらお母さんが喜んでくれるんだ!」って認識するので、自然と200円~300円の高いお菓子は持ってこなくなります。

 

数字が分かるようになってきたら?

スーパーによっては書いてる所と書いてない所があるかもしれませんが、(税込)の部分にも値段が書かれていることがあります。そういう時は、

  1. お母さんもお菓子コーナーへ行く
  2. 税込の値段が書かれているカッコ内の数字が、本当の値段であることを教える
  3. 「ここが数字2つまでだと、もっと安いよ~」

兄弟がいる子は、どっちが安いお菓子を見つけられるか勝負させてみたりするといいんじゃないかなって考えます。

 

※うちの場合は、むすっこ1人なので出来ないですけどね…w

この方法で訓練させるようになったら、何が安いのかを把握するようになり、私のむすっこは自主的に「見て!お母さん!これ68円で超安いよ~」と、持ってくるようになりました。

 

(ノД`)おりこう過ぎて、子供にキュンキュンしますwww

もちろん、安いのを持ってこれたらオーバーに褒めるのを忘れずに!

 

おしまい♡