毒親

【トラウマと向き合う3】母にされてきたことを思い出す

最近、母と距離を置いて、あんまり連絡取らないようにしています。

こんにちわ、いっぽです。

 

トラウマと向き合う為に、トラウマの洗い出しを行っている最中です。

心療内科の先生の話だと、トラウマの中でも、一番強く残ってるトラウマの根本が分かって改善出来れば、他のトラウマもなくなりやすい…らしい。(頭悪いからうまく説明できなくてごめんなさい…;)

 

なので、今日は今まで母にされてきたことを思い出して書いてみようかなって思います。

 【トラウマと向き合う3】母にされてきたことを思い出す

f:id:kakumei-3311:20180831130409p:plain

幼いころから大人になるまで、母の虐待を受けて育ちました。母に対して許せない気持ちや、悲しい気持ちを持っていて、母に対しての向き合い方に長年悩んできました。

幼稚園から小学生の頃・中学生の頃・高校の頃・大人で分けて思い出してみます。

幼稚園から小学生の時のトラウマ

1.とがった鉛筆で、手の甲を刺される

割り算の問題が分からなくて、母に聞いていた。
何度教えても理解しない私に腹立てた母は、とがった鉛筆を持って、私の手の甲をグリグリと刺した。

2.門限を1分でも過ぎたら、暴力・暴言

門限5時で、帰りが少しでも遅いと「なんで時間通りに帰ってこれないんだよ!」と、まずは玄関でボコボコに殴り蹴り、引きずられて家の中で正座で説教、そのまま許してもらえず朝までネチネチ文句を言われる。(20歳ぐらいまでこんな感じ)

3.頭を掴んで、風呂の水に沈められる

何で怒られたのか覚えてないけど、頭を掴んで、風呂の水に沈められて「何でそんなことも出来ないの?」と言われた覚えだけある。

4.弟の目の前で、ボコボコにされる

いつ怒られても、弟の目の前でボコボコにされる。最初の頃は、弟も「お姉ちゃんが可愛そうだよ!!」って間に入ってくれてたけど、そのうち私を見て見ぬふりをするようになった。すごく悲しかった思い出がある。

5.「産んで失敗した」「あんたなんて生まれてこなければよかったのに」と言われる

何で怒られたか覚えてないけど、怒るといつも言う。「失敗した」って言われると、「私ってなんのためにいるんだろう。」っていつも思ってた。

6.家を追い出されたり、連れ戻されたり

怒られて家を追い出されて、マンションのホールのベンチで泣いていた。どうしたのかと私を心配そうに見て通る人をチェックしていたらしく、母がすごい勢いで近寄ってきて連れ戻された。「あんなところで泣いてたら、私が恥をかくじゃない!」と言われた。

7.忘れ物やなくしものをすると、往復ビンタ

忘れ物・なくしもの(消しゴムとか)をすると、往復ビンタ。頬が腫れる時もあった。

8.机の中の物を勝手に見る・捨てる・バカにする

友達からもらった手紙、交換日記、友達と描いたマンガなどを、勝手に見る!!マンガは弟にまで見せてバカにした。母がいらないと判断したら、容赦なく捨てる。「捨てないで」と伝えても、「無理」と言われるw

9.体調が悪くても休ませてもらえない

頭痛かったり、おなか痛かったりなどがあっても、「学校に行って、具合悪かったら保健室いけばいいじゃない。」と言って、休ませてもらえないことがしばしばあった。今具合悪いんだよ!!!!wwwww

 10.いじめがあっても学校を休ませてもらえなかった

小学校・中学校・高校、いじめがあって学校に行きたくない時期があった。学校に向かっても体調が悪くなるって説明しても、「なんで学校行かなかったんだ!!この親不孝者!!」と腕を引きずられたこともあった。とにかく「学校を休むなんて人間の恥よ!」と休ませてもらえなかった。

11.「お前に出した学費全額返せ!」と発狂

高校1年生の時にいじめに遭い、不登校に。単位を落として退学ギリギリだった時があって、「友達もいなくて学校にいるのが辛い。だから学校を辞めたい。」って伝えたら、「学校は勉強するところでお友達作る場所じゃない。アンタにいくら(学費を)かけてると思ってるの?全額返してもらうからね!」と発狂されたことがある。

トラウマ対して今思うこと

私…大人になってからだと思うけど、子供の頃あったことや母との出来事がパッと今あったかのように?映画のような感じで頭に映像が流れることがあるんです。

 

カウンセラーさんの話だと、「タイムスリップ現象?かフラッシュバック?が起こってて、トラウマをきちんと過去のことだと理解出来てないのでは?」と言われました。

 

思い出せないトラウマもあるらしいんだけど、もうトラウマにならないように私の記憶から抹消されてしまったのかもしれない(´・ω・`)

 

記憶が飛んでしまうっていうのは、そういうことなんだろう。